消防車は何台あるの?
 新発田消防本部では消防車・救急車などの緊急自動車35台、その他の車が5台あります。
消防車はなぜ赤いの?
 昔、初めて日本に輸入された消防車が赤色だったからと言われています。
 今では、消防車は赤(朱)色、救急車は白色と法律で決められています。
消防署は何人の人が働いているの?
 新発田消防署では、現在171名の消防職員が勤務しており、365日昼夜を問わず働いています。
消防士と消防団員はなにが違うの?
 消防士は地方公務員という立場で消防業務を専門的に行っています。
 消防団員の方々は普段それぞれ消防業務とは別の職業をもっており、火事などの災害があった場合は現場に駆け付け活動します。
 消防士と消防団は常に協力して火事などの災害に対応しています。
消防士は火事が無いときどんな仕事をしているの?
 詳しく説明しているページがあるのでそちらをご覧ください。
© 2020 新発田地域広域事務組合消防本部